苦しいときこそ価値が分かる

人を見る目を養う方法として

苦しいときに
どんな行動をするか?

を観察すれば良いと
言うものがある。

余裕がないときにこそ
その人の本質的価値が
顕在化するからだと思う。

と、すれば
企業の価値を評価することも
同じようにすれば良いと思うるのだ。

その企業が苦境の時
どのような動きがあり
どのような決算だったのか?

そこに企業が持つ
本質的価値がありそうなのだ。

そこ業界が厳しいとき
その会社が逆風のとき
社会全体が不況のとき

投資候補の会社が
どのような経緯をたどったのかを
観察してみよう。

そしてどの様な
株価で評価されていたのか見てみよう。

それはきっと
投資をするにあたって
多いに参考になるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資家に必要な感情のコントロール

相手の立場や感情を
想像し、理解し、
そして受け止める。

これは人付き合いにて
信頼を得るためには
必要なことだと思う。

ところが、
いざ投資家として
市場に挑もうとするとき
この受け止める行為が
パフォーマンスを落とす要素になりかねない。

基本的に投資の機会と言うのは、

この会社はダメだ
この業界は不況だ
市場経済が危うい

と言う状況にならないと
訪れることはない。

もしそんなとき

マスコミや
お偉い学者先生
それから
多くの市場参加者

が言う悲観的な発言を
理解はしても自分の中に
受け入れてしまっていればどうなるだろうか?

バリュー投資家は
そういった苦境の中に
価値のある企業を見つけて
株主として支持しなければならない。

一流アスリートも
対戦相手や周囲が仕掛ける
様々な揺さぶりにも
心を動かさない。

同じことができるだろうか?

でも多くの人は
そこまでやらなくても
何も考えずに

積立て投資をすれば良い。

時間さえかけられれば
充分な結果が得られる
だろうから。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

家計を節約するための株式投資

日本の会社の株式には
株主優待があることがよく知られている。

この制度自体は賛否両論なのだが
株式投資の初心者の方には

投資のきっかけとして、
家計の節約の手段として、

株主優待を活用される
価値は多いにあると思う。

優待品にも様々なものがあり、
よくあるのが

1.自社製品
2.優待券、割引券
3.商品券、図書券
4.お米
5.特産品

これらの商品を日常の
生活費で賄っておられるのであれば
その会社の株主に
なる価値があるかもしれない。

しかも売ってしまったら
優待は使えないので売る必要もない。

健全な株式投資のきっかけとして
株主優待の活用を
検討されてはいかがだろうか?

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

「好きになれる」会社の株主になろう!

株式投資をしたことがない人や
初心者の方には

株って市場で売買して儲けるもの

と、ばかり思われているかもしれない。

しかし
本来株式とは株式会社の所有権だ。

それが株式市場で
自由に売買できるように
なっているだけなのだ。

ならば、
本来の発想に立ち返って
自分がずっと保有していたいと
思う会社の株式を買ってみては
いかがだろうか?

それがなおかつ
割安な株価だとしたら・・・

例えば
日本一のホワイト企業
と、言われている

未来工業

と、言う会社がある。

この会社は株式を上場させているのだが
リーマンショックのあと
誰も株式を買ってくれないのか
会社が所有する資産を
大きく下回る株価で売買されていた。

ホワイト企業に
勤めることができなくても
ホワイト企業の株主には
直ぐになることができる。

当時の株価で言えば
数万円あればなることができた。

健全な株式投資は
良い企業を割高ではない
株価で買うことなのだ。

そういう意味ではまず
あなたにとって良い企業を
探すことが大事だと思う。

そうでなければ
何年も何十年も株主でいることが
耐えられなくなるだろう。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ゼロリスクってホントにあるの?

ゼロリスク
と言う言葉を耳にされたことの
ある方も多いと思う。

言い換えれば
リスクゼロ=100%確実
そういう選択肢をしなさい?。
と言うことだと思う。

言いたいことは分かるし理想的だ。

ところが現実として
100%確実何てものは
本当にあるのだろうか?

例えば株式投資の初心者や未経験者は

定期預金や国債は100%確実

とお考えかと思う。
でも、本当に100%ですか?

ファイナンスの理論でも
安全な資産モデルとして挙げられるから
ある程度は安全だと思う。

しかしその安全性はその国の
安全性に担保されてるだけだ。

それをどうやって
100%安全だと立証できるのか?

そこに疑問を感じる方は
自らの資産の形成と防衛のために
株式投資を手段の1つとして
学んでいくべきかと思う。

テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・徒手療法家
MBA:名古屋商科大学

生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★大事にしていること
 ①先祖供養
 ②家族
 ③健康
 ④自己修養

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。
反論・ご指摘もお受けいたします。

ただし問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 生き方 これからの日本 初心者 家計 社会保障 損切り 働き方 日本国債 年金 原発事故 損しない リスク管理 子育て 宝くじ 医療 哲学 転職 信用 定期預金 住宅ローン 複利 お金 ミスターマーケット 安全域 読書 世代間格差 四季報通読 教育 ファイナンス 労働 貯金 日本 資産形成 金融リテラシー 国債 人間関係 ギリシャ TOB プロ野球 一族経営 信用創造 三代目 掃除 マイホーム 電子マネー オール電化 自分を知る リフォーム MBA 内在価値 イケダン 工具メーカー 達人 収益力 年末 エネルギー問題  家族 プリペイドカード ファブレス生活 レバレッジ 高卒 理想の人物 ゴーカイジャー 優位性 決断力 リーダーシップ 医療費 離婚 医療法人 医療機関 大手家電メーカー シングルマザー 専門家 節約 防災 低所得 自己観察 呼吸法 備え 銘柄選択 ジェームス・スキナー 幸福な生き方 光熱費 太陽光発電 既得権 書評 心に火をつける 社会貢献 退職 日本政府  公務員 福祉 復興税 仕事  幸せ  人体 論語 民主党政権 素読 スティーブ・ジョブス 倫理 人生設計 精神 自己破産 正しい 天職 消費税 大企業 節税 売上高 日本医療事務センター 思い遣り 誰かを幸せに DeNA 資金管理 飲酒 バリュー投資家 死生観 マネーボール 起業資金 楽しく   リストラ 生産性 差別化 恐怖 問題解決力 新型うつ 腰痛 利己的 忘年会 高砂熱学工業 防災訓練 ガス会社 車椅子移乗 介助 接客対応 理学療法 電力会社 就活 野田スクリーン 日経平均株価 コーチング イクメン 必勝法 会社四季報 店員 景気対策 お彼岸 お墓参り 量的緩和 米ドル 遊園地 トヨタ 投資信託 苦情 保険 郵便貯金 サカイ引越センター 派遣社員 老後の貯蓄 運用 ヨイトマケの唄 リスクモンスター 投資家で起業 男の子の教育 週末起業 過熱相場の対処法 過熱感 資産管理 「甘え」の構造 セール品 打診買い 売らない マーケティング リスクマネジメント 買い物 住友商事 恩株 入門書 JINS メガネ ジェイアイエヌ 相場観 日経マネー 小松ウォール工業 円高恩恵 カクテルパーティー理論 株主優待 ジャパニーズインベスター 日産化学工業 精神疾患 ハウス食品 エスビー食品 刈谷市 スマホ スピリチュアル 天皇の肖像 機会均等 善と悪 東日本大震災 マスコミ 配当 思いやり 許容度 資産運用 リスク 感謝 仕事と家庭の両立 新幹線のたび 内なる声 自営業 投資ルール 株価上昇 長期投資 丸誠 円高 分類 原則 寺岡製作所 心配性 年金対策 鍼灸師 経絡治療 伊藤忠商事 第三者割当増資 自己愛 育児 原発関連銘柄 ゴール 業績 人口減少社会 株主総会 トーカロ 目標 企業年金 絵本 のりたいなでんしゃとくべつごう 大瀧雅之 経済学 シャープ 倒産 バリュー消費 買い進む 予想通りに不合理 離婚経験者 行動経済学 副業 小児医療 節電対策 高収入 ルリセンチコガネ 日本銀行 池上彰 日経ヴェリタス 雰囲気 フンコロガシ 戦略 

FC2カウンター
月別アーカイブ