「確実なもの」が欲しい人達へ

投資でも起業でも
いや、人が何かをすると決めるとき

100%確実だと分かりたいだろう。

100%は無理だとしても
できるだけ確率を高いことを確かめたいものだ。

普通はそう思うし、そうあって欲しい。

だが仮に
最も確率の高い手段があったとする。

だからと言ってその手段に100%お金や労力を投入する。
と言う考え方は間違いだ。

たとえそれが99%確実なものであったとしてもだ。

なぜか?

確率と言うものは
これまでの数多の試行錯誤のなかで
数学的に出したものにすぎない。

極端話かもしれないが
100年に1回の災害があったとする。
今年あったから次は99年後に起こる。

とは言えない。

来年もう一回起こって
その次が198年後に起これば
それも1%になってしまう。

つまり人はいかなる決断においても
1%の失敗や不測の事態について
どの様に対処するか?

を考えておかねばならないのだ。

用意周到、準備万端
100%オッケーで物事を進めることは大事だが

やはり不測の事態への心とお金の準備は
しておくべきだ。

そのような準備ができないのであれば
投資や企業は避けた方が良いだろう。


(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 勝てない人におすすめ投資術
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資家が今すべきこと

今は株価が高くなっていることに対して
警戒感を感じている人が多いそうだ。

私もそう感じている。

株価を追いかけるような行為に
ならないように

このような局面で
投資判断をする条件について述べてみる。

何はともあれ大事なことは

比較的健全な財務で
運営できている企業であること。

長期的な経済成長に
取り残されずに成長できそうな
ビジネスをしていること。

過当な競争や技術革新に
飲み込まれないビジネスであること。

株主還元に積極的なこと。

そして、過剰に割高でない
株価で買うことができること。

この条件を確りと踏まえれば
たとえ来年から不況に突入したとしても

次の好況時には
十分なリターンを得られる。

もちろん

次の株価低迷期に備えて
資金づくりは必要だろう。

しかしその為に全てを
定期預金にするのもどうか?

何事もバランスが大事である。

そもそも
前回のリーマンショックの時でも

それまでの数年間は
ジリジリと安くなる
小難しい市場だったはずだ。

いつから買えば良いのか?

と、悩めば悩むほど

「買いのタイミング」に心を奪われて

投資家が投機家に
変わってしまうことだろう。

それならば

タイミングを完全に無視して
コツコツ投資をするか

資産のリバランスをしながら
割安な株式を選んで買い足す。

方が無難だと言えないだろうか?

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 勝てない人におすすめ投資術
ジャンル : 株式・投資・マネー

「マイストーリー」を立てる重要性

何でもそうだが
物やサービスを買うとき

お金を払うことで
「これが良くなるだろう」
「これが助かるだろう」

など

自分なりのストーリーを立てている。

そしてそのストーリーから
大きくそれてしまったとき

「損した」
「間違えた」

と感じる。

実は投資の世界でも
考えることは同じである。

割安な株価になっていると思われる
企業を見つけたとする。

今投資すべきか?

その時皆
株式を買ったあとの
ストーリーを考えるはずだ。

「業績が回復して株価も上がるだろう」

「景気が良くなるので株価は上がるだろう」

「長期的な世界の経済成長に乗って行けるだろう」

など考えられる。

そして、そのストーリーに
合理性を感じるのであれば

直ぐに投資をしてみれば良い。

そして、もっと大事なことは

そのストーリーから話が
大きくそれてしまったときは
直ぐに投資から撤退すべきだ。

今の時代
間違った買い物をしたとしても
中古品として売ってしまう
人も多いだろう。

株式投資でも同じように
考えれば良いのだ。



(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 勝てない人におすすめ投資術
ジャンル : 株式・投資・マネー

【つみたてNISA】賢明なる投資家への第一歩

前回の記事をもとに

つみたてNISAで始められる
大企業に分散して投資ができる
投資信託を探してみた。

金融庁から先月発表されている
つみたてNISA対象の投資信託一覧
と言うものを見に行ってみた。

すると

良いですねぇ🎵

日経平均
TOPIX
S&P500

こう言った投資対象の
投資信託であれば悪くなさそうだ。

ただ

ダウ平均

を銘打った投資信託がない?
本当にないのであれば
是非取り入れて欲しい。

他にも良い投資信託は
数多くあると思うので

興味のある方は
投資信託の対象投資先を
十分に吟味されてみるのも良いと思う。

聞くところによると
証券会社によっては

毎月100円からでも
つみたてNISAによる投資を始めることが
できるのだと言う。

20年間黙って
投資を続けられる金額でも良いので

始められてみてはいかがだろうか?

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 勝てない人におすすめ投資術
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式で資産を作る3つのルール

株式投資でボロ儲けして
人より大金持ちになることは
不可能とは言わないが簡単ではない。

だが

株式を所有して
ある程度の資産を形成することは
それほどむずかしいことではない。

今から述べる
3つのポイントだけを確り守られれば

かなりの確率で
資産を形成できるだろう。

1.信用取引はしない

信用取引とは簡単言うと
借金をしてそのお金で投資をすることだ。

上手くいけば自らの元手が
ゼロだとしてもお金が手に入る。

非常に魅力的だ。

しかしその逆も然り

上手くいかなければ
借金だけが手元に残る。

株式投資で破産する人の殆どは
このパターンだ。

つまり

信用取引さえしなければ
大火傷に遭う確率は大幅に下がる。

2.健全で割高でない大手企業に投資を絞る。

そもそも大手企業はその業界では
高い地位にあるだろう。

従って、その業界に起こるであろう
様々な事態に対しても
有利な立場を保つことができる。

仮に不況や衰退があったとしても
乗りきれる確率も高い。

後は財務的な健全さが確認でき
かつ株価が不当に高くなっていなければ
あなたの資産として所有することは
良い選択になるだろう。

3.積立投資(幅広くカバーしている投資信託にて)

大手とは言え、 

本当に健全で割高ではない
と言うことが分からない❗

と言う人も多いだろう。 

で、あれば様々な大手企業の株式を
幅広く分散投資する投資信託に
積立投資することが勧められる。

これであれば割高な大企業や
健全かどうか?と思われる企業にも
投資されてしまう可能性がある。

しかし

それで破産することにはならないし
他の多くの優良企業が
相殺してくれるだろう。

今は運良く

積立NISAの中にも
このような投資法を選択できる
余地があるようだ。

皆さんも検討されてみては
いかがだろうか?

次回は今回の記事をもとにつみたてNISAでも投資可能な投資信託を紹介したい。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 勝てない人におすすめ投資術
ジャンル : 株式・投資・マネー

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・理学療法士
MBA:名古屋商科大学

【My Mission】
賢明かつ健全な心、身体、そしてマネーリテラシーを備えた人を増やすこと

理学療法士として
生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。

問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

ランキングに参加したしました。
よろしければご協力お願い申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 初心者 生き方 これからの日本 家計 働き方 つみたてNISA 資産形成 MBA 長期投資 日本国債 リスク管理 社会保障 マーケティング 損切り 金融リテラシー アメリカ株 起業 貯金 損しない ミスターマーケット 複利 転職 読書 お金 医療 国債 ファイナンス 年金 インデックス投資 痛み 原発事故 人間関係 労働 日本 安全域 哲学 信用 定期預金 世代間格差 教育 健康 ギリシャ 子育て 四季報通読 TOB バリュー消費 住宅ローン 宝くじ 腰痛 NISA フリマ 三代目 内在価値  レバレッジ 達人 掃除 忘年会 自己観察 イケダン ファブレス生活 年末 家族 備え 離婚 シングルマザー 医療費 ゴーカイジャー 専門家 理想の人物 医療機関 医療法人 分類 丸誠 円高 戦略 差別化 節約 ジェームス・スキナー プリペイドカード 既得権 電子マネー オール電化 マイホーム リフォーム 高卒 低所得 太陽光発電 光熱費 銘柄選択 飲酒 防災 一族経営  日本政府 民主党政権 幸せ 仕事 誰かを幸せに 楽しく 死生観 スティーブ・ジョブス 人生設計 天職 倫理 論語 素読 日本医療事務センター 売上高 幸福な生き方 呼吸法 リーダーシップ 決断力 大手家電メーカー 優位性 自分を知る 信用創造 プロ野球 DeNA エネルギー問題 収益力 工具メーカー 正しい 自己破産 利己的 新型うつ 恐怖  リストラ 高砂熱学工業 問題解決力 起業資金 マネーボール 書評 資金管理 節税 思い遣り 生産性 大企業  退職  人体 精神 心に火をつける 社会貢献 復興税 消費税  福祉 公務員 バリュー投資家 鍼灸師 ヨイトマケの唄 リスクモンスター 日経マネー 日経平均株価 野田スクリーン イクメン コーチング 小松ウォール工業 相場観 カクテルパーティー理論 ハウス食品 円高恩恵 メガネ ジェイアイエヌ JINS 会社四季報 必勝法 郵便貯金 景気対策 店員 保険 サカイ引越センター 運用 派遣社員 接客対応 理学療法 電力会社 就活 ガス会社 防災訓練 介助 車椅子移乗 エスビー食品 精神疾患  変形性膝関節症 ストレッチ 積立 ドラッグストアー 打診買い 売らない 立地 小売 肩こり 心のバランス 治療 サプリメント サービス ふくらはぎ リスクマネジメント 住友商事 恩株 過熱感 入門書 ジャパニーズインベスター 日産化学工業 株主優待 資産管理 過熱相場の対処法 セール品 買い物 「甘え」の構造 男の子の教育 週末起業 投資家で起業 老後の貯蓄 苦情 新幹線のたび 感謝 リスク 仕事と家庭の両立 思いやり 天皇の肖像 配当 許容度 資産運用 副業 行動経済学 節電対策 小児医療 自己愛 育児 スピリチュアル 機会均等 第三者割当増資 経絡治療 伊藤忠商事 寺岡製作所 株価上昇 原則 フリーマーケット 心配性 マスコミ 善と悪 東日本大震災 内なる声 年金対策 自営業 予想通りに不合理 離婚経験者 絵本 のりたいなでんしゃとくべつごう スマホ 大瀧雅之 経済学 シャープ 倒産 刈谷市 遊園地 お墓参り 投資信託 お彼岸 量的緩和 トヨタ 米ドル 企業年金 目標 日経ヴェリタス 日本銀行 雰囲気 フンコロガシ 高収入 ルリセンチコガネ 池上彰 買い進む 原発関連銘柄 ゴール 業績 人口減少社会 株主総会 トーカロ 投資ルール 

FC2カウンター
月別アーカイブ