スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「話を聞く力」は立派なスキル

セールスの仕事など
人対人のコミュニケーションが
決め手になる商売では、

口の上手い人

が、よい業績を上げて
そうでない人たちの嫉妬を買うことがある。

「口が上手いだけで詐欺みたいなものだ」
とまで、思われることがある。

もちろん倫理面において限度というものはある。

だが、クライアントの信頼を得られるための
コミュニケーション能力はスキルだと言えるし、
そのスキルそのものにも価値があるという考え方もできる。

なぜか?

それは人というものは、

感情的に揺さぶられた体験
過去に誇りをもって行った経験
自らの持論など


を「できれば」他人に伝えたくなるものである。

もちろん

「迂闊には言えないこと」
もあるだろけど、

やはり「信頼できる誰か」には
その気持ちを共感してもらいたいだろう。

これを逆に考えれば
「自分の思いを聞いてくれる人」
「この思いを分かってくれる人」

には、人は一定の信頼を感じるのだ。

親友がなぜ親友と呼べるのか?

その理由を考えてもらえれば
「信頼を感じる人」の基準が見えてくるだろう。

その一方で、
人の話をじっくり理解しながら聞き取る
という行為は意外に難しい。

聞き手は相手の感情も受け止める必要があるため
聞き手自身に受け入れられる「余裕」が必要だし、

聞き手の言分をじっくり「質問」しながら
話を掘り下げる必要があるので、
一定の「脳力」が要求される。

そして、当然ながら話が長くなれば
それだけの時間を要する。

実は、人の話を聞いてあげるという作業は
時間的にも精神的にも「スキルと労力」が必要なのだ。

「俺の良い商品を売っている」
という自信があるにもかかわらず、
思ったほど売れないのは、

あなた自身がクライアントに信頼されていないからで、
「商品が悪い」のではないのだ。

逆い言えば
「良いもの」を提供できるのであれば、
あなた自身が「信頼されれ人間」になるための
訓練をすれば、間違いなく売れるのだ。




私のとあるクライアントは
私が「若いころにされていた職業は何ですか?」
と伺ってみたところ、

「実はなぁ…」と、切り出し
入社当初からの話を延々と語りだした。

私は興味をもって話を聞き続け
さらに深掘りするように質問をしていった。

そして私の担当が終了するとき
その方はこう言ってくれた。

「せっかく仲良くなれたのに…残念だなぁ」

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

「幸せになるために」人は生きている

人ってどんな条件があれば
「頑張ろう!」「この人についていこう!」
と、思えるのだろうか?

高い給料?
通うことが便利?

確かにそれは大事なのだが、
様々な方の話や経験を伺ってみると
それだけではないようだ。

やはり大事なのは

これを続ければ成長できる!
ここに通い続ければ元気になれる!
この人についていけば自分がもっと良くなる!

こういった感覚を実感できるか?
ではなかろうか。

もちろん、今ある環境の中で、
成長できるもの、元気になれるもの
を見出すことも非常に大事だ。

だが、人生は一度きりだ。
「失敗が怖い」というが、
即死するようなしなければ
そうそう路頭に迷うことはない。


そもそも失敗を失敗だととらえず
「次への糧」だと考えればよいだろうし、
そうでなければ成長はない。

あなたの心を揺さぶるものを感じたのであれば、
お金や利便性ばかりにとらわれず
思い切って飛び込んでいくべきだ。

とある、ご高齢のご婦人曰はく

「この先生に見てもらったら
元気になれるから、遠くても通います!」


素晴らしいことだ。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

海外で通用する人材とは?

日本人は高品質な製品を作る

これは世界に誇れるそうだ。
確かに極めた職人技など
詳細までこだわった質の良いものを
作ることで生きがいを感じてきた

日本の労働者は多いことだろう。

確かに良いことだ…が、

これがいざ海外進出をしようとなると
思わぬ障壁を食らうことがあるそうだ。

・・・・

とある海外経験の豊富な
ベテランの会社役員さんの話。

海外経験を買われて
日本企業と海外の現地企業との
仲介役をすることが多いそうだ。

氏によると

「日本の会社は外国にも日本と同じレベルの
品質管理を要求してくる」
「しかし、(文化的素養も含めて)外国人に
日本レベルの品質を求めるには限界がある」

というのだ。

そして続けてこう言われた

「日本以外ならパスする品質レベルなら
そっちばかりと商売しようとするだろう」
「人の数も日本より圧倒的に多いのだから」

なるほど・・・

海外の現地企業は
「日本で売れるレベル」の
品質管理をしようとすると
そこまでの認識を従業員に持たせることも含めて
非常に難しい面があるのだろう。

しかも人口は減る国だし…

とすれば、日本向け製品を作ることへの
投資に対するリターンが低下してくる。

そして誰も日本には物を作らなくなる。
こういうシナリオを氏は危惧されていた。

そしてすでに定年退職できる齢を超えた氏は
最後にこうおっしゃられた。

「これまでの日本の勝ちパターンが染みついている
50台や60代が会社のトップにいては駄目だ」

「まだ何も染まっていない若い世代が
海外に向けて積極的に事業を進めたほうが良い」


と・・・。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

心を楽しくする「言葉」と「意識」の力【手にとるようにNLPがわかる本】

何でもプラス思考で生きればいい!
楽観的に考えるようにしよう。

と、他人はアドバイスしてくれるものの
落ち込んでいるときって・・・

なかなか折れた心を立て直すことができない。

そういう人も多いかと思う。

簡単にいかないのも無理はない。
なぜならこういった心理的な強さも
ある程度訓練が必要だと思われるからだ。

では、どのように訓練すればよいのだろうか?

そんなヒントとなる一冊を紹介したい。

「手にとるようにNLPがわかる本」
かんき出版 加藤聖龍著

この本はアメリカで開発された
人生を楽しく生きる心理学
NLP (Neuro-Limguistic-Programming)
について解説された本である。

内容は脳の特性につい紹介され
それに基づいた心を高める手法や
人によって五感のどの感覚を優位に働かせているか?
それに合わせたコミュニケーションの取り方、
相手が欠点だと感じていることへの褒め方、
「失敗」というものが存在しない考え方

など、
人生の荒波を乗り越えるには
助けになる心理術が盛りだくさんに紹介されている。

よりよい人生を送りたいと思われる方すべてに
お勧めできる一冊だ。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村




テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

人が動くのは「エモーションとミッション」

人が何かを始めようとするとき
必ず何かしらの「行動」・・・アクションを起こす。

起業する・勉強を始める・趣味を始める

何だってそうだ。

でも何も理由もなしに行動に移せるわけではないだろう。

だからと言って
何か論理的な理由があればできるかと言えば
そうとは言えない。

なぜなら、自分の子供に
論理的には勉強をたくさんしたほうが
将来的に得する確率が高い。

という理由で勉強を進めるのだが、

それだけで勉強をしてくれる子供なんて
そう多くはない。

では、どうすれば人はアクションを起こすのだろうか?
それはその人の心を揺さぶらせるほどの

感情・・・エモーションが必要だ。

もちろん感情にも様々なものがあるが、
どのような感情でも行動を起こすに足りる要素となる。

だがそのエモーションも
悪用されたり、必要以上に心を揺さぶられることで、
残念な結果に終わることがある。

弊ブログでも良く述べているが、
投資家は無駄な感情に揺さぶられてしまっては
お金を失うばかりだ。

では、「良いエモーション」を起こすためには
何か原動力となるものはあるのだろうか?

それは、自らの人生に果たすべきであろう使命

ミッションだ。

あなたはこの世に生まれこの世のために
何をしに来たのか?何ができるのか?

もちろんたった一人の人間のためでもいいだろうし、
できればこの世の多くの人たちに
貢献できるものであることが望ましい。


そしてそのミッションが定まってさえいれば
人はそこに全力で感情と行動を起こすはずだ。

もちろんその使命が複数あっても構わないし、
そういう人のほうが多いだろう。

だからこそ人は常に
自らのミッションを確認し修正していく必要がるのだろう。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村



テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・理学療法士
MBA:名古屋商科大学

【My Mission】
賢明かつ健全な心、身体、そしてマネーリテラシーを備えた人を増やすこと

理学療法士として
生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。

問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

ランキングに参加したしました。
よろしければご協力お願い申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 初心者 生き方 これからの日本 働き方 つみたてNISA MBA 資産形成 家計 長期投資 健康 痛み 腰痛 金融リテラシー マーケティング 医療 起業 NISA リスク管理 ミスターマーケット アメリカ株 日本国債 社会保障 教育 損切り 膝痛 インデックス投資 ファイナンス お金 転職 損しない 読書 肩こり 人間関係 貯金 労働 原発事故 年金 複利 バリュー消費 定期預金 国債 世代間格差 四季報通読 信用 日本 宝くじ 子育て 保険 住宅ローン 哲学 フリマ ギリシャ 安全域 TOB  一族経営 家族 分類 内在価値 戦略 円高 ファブレス生活 三代目 丸誠 レバレッジ 達人 寺岡製作所 伊藤忠商事 原則 イケダン 年末 高砂熱学工業 投資ルール 株価上昇 差別化 医療法人 備え 防災 低所得 高卒 銘柄選択 専門家 節約 掃除 光熱費 太陽光発電 理想の人物 既得権 シングルマザー リフォーム マイホーム 医療機関 オール電化 電子マネー プリペイドカード ゴーカイジャー 医療費 離婚 ジェームス・スキナー 利己的 日本政府 民主党政権 幸せ 仕事 誰かを幸せに 楽しく 死生観 スティーブ・ジョブス 天職 正しい 人生設計 倫理 素読 論語 日本医療事務センター 売上高 幸福な生き方 呼吸法 リーダーシップ 決断力 大手家電メーカー 優位性 自分を知る 信用創造 プロ野球 DeNA エネルギー問題 収益力 工具メーカー 自己破産 精神 問題解決力 起業資金 新型うつ 第三者割当増資  恐怖 思い遣り 節税 飲酒 忘年会 バリュー投資家 書評 資金管理 マネーボール  リストラ 心に火をつける 社会貢献 退職  人体  公務員 福祉 大企業 生産性 消費税 復興税  自己観察 スピリチュアル 日産化学工業 株主優待 ジャパニーズインベスター 精神疾患 エスビー食品 カクテルパーティー理論 ハウス食品 入門書 恩株 投資家で起業 男の子の教育 「甘え」の構造 週末起業 過熱相場の対処法 過熱感 資産管理 円高恩恵 メガネ 会社四季報 イクメン コーチング 必勝法 就活 ガス会社 電力会社 野田スクリーン 日経平均株価 相場観 ジェイアイエヌ JINS 小松ウォール工業 日経マネー ヨイトマケの唄 リスクモンスター セール品 買い物 自助努力 原因 接骨院 エゴスキュー 結婚 理学療法士 新人  扁桃腺 仮想通貨 ビットコイン コンビニ USJ インフルエンザ 風邪 ウィルス フリーマーケット 心のバランス ドラッグストアー 積立  売らない 打診買い 住友商事 リスクマネジメント 変形性膝関節症 ストレッチ サプリメント 治療 ふくらはぎ サービス 立地 小売 防災訓練 車椅子移乗 節電対策 副業 行動経済学 小児医療 育児 資産運用 自己愛 予想通りに不合理 離婚経験者 日経ヴェリタス 日本銀行 池上彰 雰囲気 フンコロガシ 高収入 ルリセンチコガネ 許容度 リスク 内なる声 東日本大震災 マスコミ 自営業 年金対策 鍼灸師 心配性 善と悪 機会均等 仕事と家庭の両立 新幹線のたび 感謝 思いやり 配当 鼻づまり 天皇の肖像 買い進む 株主総会 投資信託 苦情 老後の貯蓄 お墓参り お彼岸 米ドル 量的緩和 運用 派遣社員 接客対応 理学療法 介助 店員 景気対策 サカイ引越センター 郵便貯金 トヨタ 遊園地 ゴール 目標 企業年金 原発関連銘柄 業績 トーカロ 人口減少社会 シャープ 倒産 スマホ 刈谷市 のりたいなでんしゃとくべつごう 絵本 経済学 大瀧雅之 経絡治療 

FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。