スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本国債】多すぎるとどうなるのか?

日本(政府)は
借金(国債)が多すぎて危ない?

と言う話がある。

その量だけで見ると
かなりのものなので
そう言う考えもありうる。

だが、普通にかんがえると
借金がいくらあったとしても

「ちゃんと返してもらえる」

と、貸す側が思っており
それが行われているのであれば
借りた側が危機に陥ることはない。

住宅ローンにしても
会社が借りるお金にしても

毎月なり毎年なり
一定の返済があれば
何も言われ無いだろう。

発展途上国や記憶に近いところで
ギリシャなどで似たような話で
金融危機になってしまったのは

「ひょっとしたら、お金を返してもらえないんじゃないの?」

と、疑われてしまったからだ。

そして日本はどうなのか?だが

急激な社会情勢の変化がない限り

金利を下げる
税金や社会保障費を増やす
インフレさせる。

と、言うことを少しずつでも行い
それを国民が了承すれば解決できる。

もちろん国民が拒否しても良いのだが
結局、社会保障サービスが削減され

最悪の場合、
日本円の価値が乱高下するなどして
痛い目に合うことが
早く急激になるだけだろう。

外国人から見れば
マイナス金利や増税でも暴動も起こさず
じっと耐えてくれる日本人や日本円は

とてつもなく安全な通貨だ。

と、思われているかもしれない。

(投資判断は自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

低成長でも株式が勝つ理由

前回は
お金の貸し借りの観点から

定期預金が株式に勝てない理由を述べた。

ところで、

この話にはもう一歩
考えられることがある。

それは

経済成長がどのようなものであれ
長期的には定期預金は株式に勝てない。

と言う事だ。


なぜか

前述したように銀行も会社も
それに見合っただけの利回りがないと
お金を貸さないし借りない。

そしてその利回りなのだが
その利率は経済成長と
相関性があると思われる。

なぜかと言うと

経済成長が高ければ
それだけ「儲かる話」がありうる。

だから高い利回りでも
お金を借りられるし貸す方も喜んで貸す。

逆に経済成長が低くなったりすると
簡単に儲かる話が無くなるので

低い利回りでしか
お金も借りないし貸すことができない。

そして定期預金だが

上述のように経済成長に応じて
より低い金利に抑えざるを得ない。

従って定期預金は短期的には
勝つことがあったとしても

長期的には経済成長よりも
低い金利になるし
株式に勝つことができないのだ。

(投資判断は自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

「変わらなければならない」地方銀行

金融庁の調査で地方銀行の半数以上が本業で赤字になっていると報告があったそうだ。

当然ながら日本国債頼みの運用では厳しいことは地銀も既に分かっていたようだ。

しかし、外国債への運用を進めていた地銀に政府は縛りをかけようとしている。

リンク 南都銀が外債800億円減へ、金融庁規制先取り-なお魅力的で「頭痛い」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-17/OURU0I6JTSEG01

そこで対応策として

経営統合
中小零細企業への支援
フィンテック(IT化)への対応

と言うことらしい。

とは言え、
人口減少の進む地方では
経済規模自体を大きくさせることは困難だ。

経営統合したとしても
弱い地域や分野は切り捨てられる。

IT化も良いがそれこそ
人員削減のアクセルになりそうだ。

かと言って国債と言う形で
日本政府にお金を預けても
利益どころがマイナスにもなりかねない。

ならば、リスクを取ってでも外国へ。

と、動こうとしても政府から制限されてしまう。

確かにリスクを取りすぎて
経営破綻されたときの
地域経済への影響を懸念しているのだろう。

だがこれでは地方銀行は
八方塞がり四面楚歌だ。

後残るは中小零細企業の支援。

地方発でも野望に燃える
企業を掘り出し支援する。

例えば
「京都発」世界企業を育てた京都銀行、
「中小企業投資育成株式会社」、
そして最近で言えば「ひふみ投信」

のようなコンセプトが
地銀生き残りの生命線なのかもしれない。


(投資判断は自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

定期預金や国債は損しないのか?

株式投資初心者の方や、
株なんてギャンブルだと思われている方には

株は損するかも知れないから嫌だ。
定期預金や国債は元本保証だから安全。

こんな話が当たり前のように
言われているそうだ。

何故かと言えば、

見かけ上の額面が変わらないから。

だと思う。

また、少し詳しい人なら

1000万円までなら定期預金先の
銀行がつぶれても大丈夫だから。

と言う理由もあるかと思う。

では、全額定期預金や国債で
貯蓄をすれば安全なのか?

と、言い切られるのだろうか?

(元本保証の)定期預金や国債にも
弱点がある。

それは

1.利息が低くなる

ご存じの通り日本の国債や預金の
利息は恐ろしく低いと言われている。

これは、元本保証の分の手数料も
取られているからと言う見方もできる。

2.国の経済成長率に負けやすい

国債などは国の成長率(インフレ率)を
越えるような金利には
理論的には不可能なはず。 
(でないと償還しきれないから)

だからこそ日本の国債の金利が
低くなるのは当然のことなのだ。

これらの弱味は多くの人は
お気づきのはず。

でもその弱味をカバーする
有効な手段のひとつとして
株式投資がある。

と言うことを存じ上げない方が
多いかと思う。

実績が十分な企業を
高過ぎる株価で買わないように
気を付ければ

定期預金や国債よひも高い利息(配当)を得ることができる(可能性が高い)。

○経済成長の恩恵を得られやすい。

もちろん株式投資には
自らの勉強が必要なのだが、

それにみあったリターンが
得られやすいのであれば
その価値は十分なものではなかろうか?

テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

日本国債は日本人的甘えの象徴【「甘え」の構造】

良書は自ら声をかけてくれる

毎回お世話になっている地元図書館の「古本まつり」で
良い本を掘り出すことができた。

土居健郎 「甘え」の構造
弘文堂 昭和46年2月


日本人論本として有名なこの一冊。
この機会に読むべし!と言われているがごとく
読みきることにした。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・理学療法士
MBA:名古屋商科大学

【My Mission】
賢明かつ健全な心、身体、そしてマネーリテラシーを備えた人を増やすこと

理学療法士として
生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。

問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

ランキングに参加したしました。
よろしければご協力お願い申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 初心者 生き方 これからの日本 働き方 つみたてNISA MBA 資産形成 家計 長期投資 健康 痛み 腰痛 金融リテラシー マーケティング 医療 起業 NISA リスク管理 ミスターマーケット アメリカ株 日本国債 社会保障 教育 損切り 膝痛 インデックス投資 ファイナンス お金 転職 損しない 読書 肩こり 人間関係 貯金 労働 原発事故 年金 複利 バリュー消費 定期預金 国債 世代間格差 四季報通読 信用 日本 宝くじ 子育て 保険 住宅ローン 哲学 フリマ ギリシャ 安全域 TOB  一族経営 家族 分類 内在価値 戦略 円高 ファブレス生活 三代目 丸誠 レバレッジ 達人 寺岡製作所 伊藤忠商事 原則 イケダン 年末 高砂熱学工業 投資ルール 株価上昇 差別化 医療法人 備え 防災 低所得 高卒 銘柄選択 専門家 節約 掃除 光熱費 太陽光発電 理想の人物 既得権 シングルマザー リフォーム マイホーム 医療機関 オール電化 電子マネー プリペイドカード ゴーカイジャー 医療費 離婚 ジェームス・スキナー 利己的 日本政府 民主党政権 幸せ 仕事 誰かを幸せに 楽しく 死生観 スティーブ・ジョブス 天職 正しい 人生設計 倫理 素読 論語 日本医療事務センター 売上高 幸福な生き方 呼吸法 リーダーシップ 決断力 大手家電メーカー 優位性 自分を知る 信用創造 プロ野球 DeNA エネルギー問題 収益力 工具メーカー 自己破産 精神 問題解決力 起業資金 新型うつ 第三者割当増資  恐怖 思い遣り 節税 飲酒 忘年会 バリュー投資家 書評 資金管理 マネーボール  リストラ 心に火をつける 社会貢献 退職  人体  公務員 福祉 大企業 生産性 消費税 復興税  自己観察 スピリチュアル 日産化学工業 株主優待 ジャパニーズインベスター 精神疾患 エスビー食品 カクテルパーティー理論 ハウス食品 入門書 恩株 投資家で起業 男の子の教育 「甘え」の構造 週末起業 過熱相場の対処法 過熱感 資産管理 円高恩恵 メガネ 会社四季報 イクメン コーチング 必勝法 就活 ガス会社 電力会社 野田スクリーン 日経平均株価 相場観 ジェイアイエヌ JINS 小松ウォール工業 日経マネー ヨイトマケの唄 リスクモンスター セール品 買い物 自助努力 原因 接骨院 エゴスキュー 結婚 理学療法士 新人  扁桃腺 仮想通貨 ビットコイン コンビニ USJ インフルエンザ 風邪 ウィルス フリーマーケット 心のバランス ドラッグストアー 積立  売らない 打診買い 住友商事 リスクマネジメント 変形性膝関節症 ストレッチ サプリメント 治療 ふくらはぎ サービス 立地 小売 防災訓練 車椅子移乗 節電対策 副業 行動経済学 小児医療 育児 資産運用 自己愛 予想通りに不合理 離婚経験者 日経ヴェリタス 日本銀行 池上彰 雰囲気 フンコロガシ 高収入 ルリセンチコガネ 許容度 リスク 内なる声 東日本大震災 マスコミ 自営業 年金対策 鍼灸師 心配性 善と悪 機会均等 仕事と家庭の両立 新幹線のたび 感謝 思いやり 配当 鼻づまり 天皇の肖像 買い進む 株主総会 投資信託 苦情 老後の貯蓄 お墓参り お彼岸 米ドル 量的緩和 運用 派遣社員 接客対応 理学療法 介助 店員 景気対策 サカイ引越センター 郵便貯金 トヨタ 遊園地 ゴール 目標 企業年金 原発関連銘柄 業績 トーカロ 人口減少社会 シャープ 倒産 スマホ 刈谷市 のりたいなでんしゃとくべつごう 絵本 経済学 大瀧雅之 経絡治療 

FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。