株式市場雑感~アメリカの暴落を受けて

株式市場で「いつが天井か?」という話題はよくある。
特に今のような時期には多く語られるのだろう。

ただ、個人的には「もう登り切ったかも?」と思っている。

先日、アメリカでは大幅な下落があったようだ。
「金利が上がる」という話のようだが、
金利が上がることで金利の安さで儲かっていた企業は
厳しくなるかもしれないし、
そもそも過剰な景気に対する抑制が始まっているといえる。

あと、日本市場では
普段見向きもされないような企業の株価も急上昇がみられる。

つまりいくらお金が余っているのかもしれないが、
買うに値する株式が少なくなってきているのだともいえる。

さてどうすべきか?

積み立て投資派の人は
お構いなしに積み立て続けるのも悪くない。
株価は暴落したとしても
配当利回りを考えると
定期預金のそれよりも大きい。

長い目で見れば株価は復活するという前提なら
それも間違いとは言えないだろう。

では、「今は高いから安くなるのを待つ」
という戦略のほうが良いのでは?となるが、

この難しさは「何時がいくらが安いと言えるのか?」
という問題である。

下がってきたから安い!

と思って買いに走っても
株価は落ちるときはとことんまで落ちることがある。

それでもその株価が「安い」と自信を持って言えるのか?

そのあたりについても
今のうちに熟考されてみるのもいいかもしれない。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式投資はもはや誰でもできる

株式投資で大儲けするぞ!
と言って意気込むのもいいが、

コストパフォーマンスという視点で見ると

まず、一般的な職業に就業して賃金をもらう。

そして株式投資に関しては

十分割安だと自分で理解できる株式を買って長期保有するか
日本や世界の経済全体に投資をして経済成長の恩恵を受ける。

というやり方が最も効率的だ。

なぜなら
株式投資だけで生計を立てるためには
いわゆる「プロスポーツ選手」並みの
特定の才能や抜きんでた努力がいる。

それでも負けた時には「ハイさようなら」という始末だ。
そういう意味では一般的な職業にやりがいを見つけて
真っ当に職務に就くほうが健全かつ賢明だ。

だが、株式を保有することによるメリットも
享受できるようにしておくほうが、
これからの世界を生きていく中では必要だ。

幸運にも現代日本では

少額の株式投資が非課税になったり
自分で年金を積み立てることも非課税になる。

株式投資に限ってみても
自動的に全世界の株式に投資ができたり
株式の購入もネットで簡単にできる。

つまり、制度的にも社会的にも、そして技術的にも
日本人はいつでもすぐに株式投資にて
経済成長の恩恵を享受することができる。

これを使わない手はないと思うのだが、
皆さんはいかがお考えであろうか?

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村





テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

人付き合い=金付き合い

皆さんは生活の中で多くの人たちと交流する。
その時に、互いに良い関係を作っていくために

信頼感と言うものが物差しになっているはずだ。

これは数値化は難しいが
相手の長所、短所を感覚的にでも掴みとることで
総合的な信頼度を計り、その度合いに合わせて交流している。

それ自体は間違っていない。

そうであるならば、弊ブログとしては
こう言いたい!

株式も投信も保険も債券も定期預金も
信頼度で計れば良いのだと言うことだ。

どの様な金融商品であっても

自らが調べることで
何が良くてどれが良くないのか?
が粗方見当がつく。

あとは貴方がこのお金とどの様に付き合っていくのか? 

に合わせて金融商品を選択すれば良いのだ。

大人になり
他人との付き合い方をある程度理解しているのであれば

お金の使い方についても
同じ様に学んでいけば良いのだ。

例えば…
定期預金は初対面の人と付き合うように
株式は子供を育てていくように


(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

「リスクをとって損した人」を嘲笑するのはまだ早い。

前回の記事では
リスクの高い運用をしていることに気づかず
損が確定してから怒り出す人たちについて書いた。

こういった人たちには
健全な資産運用について学んでほしい。

その一方で

このような資産運用をする人に対して
「ほ~ら、だから言ったじゃない、株や外貨は危ないって」
「私はそんな危ないものには投資しない。それがベスト!」

とお考えの方も多い。

だが、このようなお考えの方も
資産運用に対する考え方としては良いとは言えない。

問題はさまざまな金融商品は
それぞれの利点と欠点があることを
認識している人があまりにも少ないということだ。

定期預金が万全?鉄板?

それは、株式や外貨をどのように扱えばよいのかを
しっかり認識し勉強することで
多くのリスクを回避(もしくは受容)できる。

本当に良い企業の株式であれば
少々株価が下がろうが気にすることはない。

多くの人が恐れて逃げる株式市場でも
勇気をもって買うべき株式はたくさんある。

そういった認識を少しずつ育てていけば
健全かつ賢明な投資とは何か?を
自分なりの答えを出すことができるだろう。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村




テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

年金がもらえる年まで働く体になろう

今朝、ちらっと日経新聞を見かけたところ
政府が年金受給を70歳以上に選択できる
方向性を考えているようだ。

結局のところ、日本をはじめ
先進国全般の年金対策は
この手しかないように思える。

お金が集まらないのだから
払う額を減らすしかない。

で、問題は未来にお年寄りになる世代が
70歳までの生活をどのように設計するかだ。

若い世代は今は若さで乗り切ることができることも
年を重ねると限界もある
と、考える人も多いだろう。

だからこそ
お金を貯める投資をするといった
働く量が減っても困らないお金づくり
が、必要ではないかという話だ。

弊ブログも投資が主テーマなので、
そういった記事をこれまでも上げてきた。

ただこれに関して、弊ブログでは
お金だけでは答えは半分しか解決していないと考える。

そもそも、70歳まで稼ぐ必要があるのなら
70歳まで働くことができる体作りができれば
この問題の8割ぐらいは解決できる。

60歳までに子供にかかるお金が解決できれば
後の10年は、細々と働く程度でも
生活はできる可能性が高い。

もちろん健康を損なうことも
不可抗力の部分はある。

しかし、今病気だと言われる人の中には
若いころからしっかりと体作りをしてれば
70歳まで働くことのできる体になる人も
多いのではなかろうか。

私は理学療法士でありMBAでありバリュー投資家だ。

だからこそお金と身体を健全かつ賢明に扱う手段を
このブログを通じて発信していきたいと
改めて感じたのである。

(この記事を元にした最終的な判断は
自己責任でお願いします)

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

よろしければ下のバナーにも
クリックしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたしますm(__)m


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・理学療法士
MBA:名古屋商科大学

【My Mission】
賢明かつ健全な心、身体、そしてマネーリテラシーを備えた人を増やすこと

理学療法士として
生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。

問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

ランキングに参加したしました。
よろしければご協力お願い申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 初心者 生き方 これからの日本 働き方 つみたてNISA 資産形成 MBA 家計 長期投資 健康 腰痛 痛み 金融リテラシー マーケティング 起業 医療 リスク管理 社会保障 ミスターマーケット 日本国債 NISA アメリカ株 損切り 教育 インデックス投資 ファイナンス 読書 貯金 人間関係 お金 膝痛 転職 肩こり 損しない 国債 年金 原発事故 複利 世代間格差 バリュー消費 四季報通読 定期預金 信用 住宅ローン 労働 宝くじ 子育て 保険 日本 哲学 フリマ ギリシャ 安全域 TOB  一族経営 家族 分類 内在価値 戦略 円高 ファブレス生活 三代目 丸誠 レバレッジ 達人 寺岡製作所 伊藤忠商事 原則 イケダン 年末 高砂熱学工業 投資ルール 株価上昇 差別化 医療法人 備え 防災 低所得 高卒 銘柄選択 専門家 節約 掃除 光熱費 太陽光発電 理想の人物 既得権 シングルマザー リフォーム マイホーム 医療機関 オール電化 電子マネー プリペイドカード ゴーカイジャー 医療費 離婚 ジェームス・スキナー 利己的 日本政府 民主党政権 幸せ 仕事 誰かを幸せに 楽しく 死生観 スティーブ・ジョブス 天職 正しい 人生設計 倫理 素読 論語 日本医療事務センター 売上高 幸福な生き方 呼吸法 リーダーシップ 決断力 大手家電メーカー 優位性 自分を知る 信用創造 プロ野球 DeNA エネルギー問題 収益力 工具メーカー 自己破産 精神 問題解決力 起業資金 新型うつ 第三者割当増資  恐怖 思い遣り 節税 飲酒 忘年会 バリュー投資家 書評 資金管理 マネーボール  リストラ 心に火をつける 社会貢献 退職  人体  公務員 福祉 大企業 生産性 消費税 復興税  自己観察 スピリチュアル 日産化学工業 株主優待 ジャパニーズインベスター 精神疾患 エスビー食品 カクテルパーティー理論 ハウス食品 入門書 恩株 投資家で起業 男の子の教育 「甘え」の構造 週末起業 過熱相場の対処法 過熱感 資産管理 円高恩恵 メガネ 会社四季報 イクメン コーチング 必勝法 就活 ガス会社 電力会社 野田スクリーン 日経平均株価 相場観 ジェイアイエヌ JINS 小松ウォール工業 日経マネー ヨイトマケの唄 リスクモンスター セール品 買い物 自助努力 原因 接骨院 エゴスキュー 結婚 理学療法士 新人  扁桃腺 仮想通貨 ビットコイン コンビニ USJ インフルエンザ 風邪 ウィルス フリーマーケット 心のバランス ドラッグストアー 積立  売らない 打診買い 住友商事 リスクマネジメント 変形性膝関節症 ストレッチ サプリメント 治療 ふくらはぎ サービス 立地 小売 防災訓練 車椅子移乗 節電対策 副業 行動経済学 小児医療 育児 資産運用 自己愛 予想通りに不合理 離婚経験者 日経ヴェリタス 日本銀行 池上彰 雰囲気 フンコロガシ 高収入 ルリセンチコガネ 許容度 リスク 内なる声 東日本大震災 マスコミ 自営業 年金対策 鍼灸師 心配性 善と悪 機会均等 仕事と家庭の両立 新幹線のたび 感謝 思いやり 配当 鼻づまり 天皇の肖像 買い進む 株主総会 投資信託 苦情 老後の貯蓄 お墓参り お彼岸 米ドル 量的緩和 運用 派遣社員 接客対応 理学療法 介助 店員 景気対策 サカイ引越センター 郵便貯金 トヨタ 遊園地 ゴール 目標 企業年金 原発関連銘柄 業績 トーカロ 人口減少社会 シャープ 倒産 スマホ 刈谷市 のりたいなでんしゃとくべつごう 絵本 経済学 大瀧雅之 経絡治療 

FC2カウンター
月別アーカイブ