株式投資を宝くじみたいに思わないで

今日はある人から
「友達が宝くじで五千万円当たった」 
という話を聞いた。

「それだけ有ればしばらく
  遊んで暮らせるのに・・・」

と、思われた方同じような思惑で
株式投資をされるのであれば

止めておいた方がイイ!

間違いなく最後は負ける。

そもそもいきなり大金を手にした人に
限ってその末路はかわいそうなくらいに
情けない話が多いという。

多分ビギナーズラックとかで
株式投資で一攫千金できたとしても
悲惨な末路を辿ることになるだろう。

宝くじのそれ以上に。

株式投資を経験のない初心者の方ほど

その様な煩悩に振り回され無いように
このblogではお伝えしたいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

慎重な人こそ株式投資が向いている

多くの人にとって株式投資は

「小さく始め易いビジネス」

と言う見方ができると思う。

例えばビジネスをすると言えば
起業や開業をイメージされるかと思う。

確かに成功したときの
リターンは大きいと思う。

だが初期投資が重くなることが多く
さらには軌道に乗せるまでの
資金繰りが大変だ

そういった点に不安のある人は
取り敢えず「副業」で
始めることが多い。

同じことが株式投資にも
当てはまると思うのだ。

確かに勉強は必要だが
少しずつ継続できれば問題ない。

そして、何よりも大事なのは

借金もせずかつ
少額から始められると言うことだ。

投資信託などに
積み立てされる方であれば
月あたり数千円から

株式を直接買い付けるにしても
数万から数十万ぐらいから

開業資金としては格安ではなかろうか?

さらに
今の仕事のスキルを上げながらでも
株式投資と言うビジネスもできる。

誰でも何でも
初心者から始めるのだけど

慎重なひとや臆病な人ほど
株式投資は優しい

「勝負の世界」

と、思えるのである。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

最も安全な「株式投資運用システム」

株式投資の初心者向けに
よくあるアドバイスで、

「損しても良いお金だけ投資する」

と、言うものがある。

分かりやすいアドバイスだが
健全な投資への取り組みかたとしては
疑問が残る。

それは
1.「損してもイイや」
 と思うとギャンブル的な
 取り組み方になりかねない。

2.そもそも売らずに積み立てていく
 投資の場合、投資先が倒産しない限り
 損が確定しない。

と、思えるのだ。

それよりも「リスク管理」の観点から
以下の手法をお薦めしたい。

◎長期間の運用に使いたい
(使える)お金を作る。

◎そしてその資金のうち

「株式投資に回す比率」

 を決めるのである。

例えば全資金が100万円あり、
そのうち30%を株式に回すとする。

すると初めは70万円が定期預金で、
30万円が株式になる。

そして定期的に資産を
「時価」で算定しなおす。

例えば半年後株価が上がり
50万円となったとする。

すると70万円が定期預金で、
50万円が株式になる。

総額が120万円なので
株式への比率は36万円なので
そこまで株式を売却する。

逆にもし株価が下がる。
例えば20万円になったとする。

そうすると総額は90万円なので
株式は27万円になるまで買い足すのだ。

また、長期間の運用に回す資金を
加えることができたのであれば、
それも足してバランスを取り直す。

10万円増額できたら
7万円と3万円とに
分けて運用するのである。

その場の株価の乱高下は
投資家への心理的な揺さぶりも大きい。

損得勘定もその場の感情に
流されかねない。

で、あればある程度
システム化された運用を行った方が
結果的には最も安全な投資に
なると思うのである。

テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

「売って儲ける」だけが株式投資ではない!

株式投資をしたことがない人や、
初心者の方には株式投資のイメージとして
「株を売って儲ける」
と思われている方も多いようだ。

一攫千金を得た人たちはこのような
「高く売る」
ことに成功した人が
話題になりやすいからかもしれない。

しかし株式を持つことで得られる
本当の利益は「配当」である。

株式を所有することの権利として
定期的に利益の一部をお金で返してくれるのだ。

一回の利益は売った方が多くなりやすい。

しかし、売ってしまったら
株主としての権利は失うし

手に入ったお金を何に使うべきか?

を考えなければならない。

一方で配当は
投資先の業績だけ確認しておけば
後は何もすることなく
配当をもらうことができる。

しかも定期的に。

これは土地でも
同じことが言える。

土地を売ればまとまったお金が手に入る。
しかし所有権は失う。

一方でその土地を誰かに貸すと
賃貸料が定期的に入る。

いかがだろうか?

地味でも着実に
利益を出すことのできる会社であれば

会社の所有権として
株式を保持するほうが
簡単でかつ安心ではなかろうか?

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

定期預金はどうやって損しているのか?

今日は前々回の記事
「定期預金や国債は損しないのか?」
をざっくりと図面に表してみた。

株式投資を始めたいけど
初心者なので何も分かりません❗

と、言う方には是非知っていただきたい。


※画面が小さい方は画面をクリック(タップ)してください。

※詳細を議論し始めるとツッコミ所が満載ですが・・・あくまでもざっくりです

定期預金や国債は
「元本保証」を謳う範囲においては
元本の目減りはないと言える。

※これもマイナス金利という荒業がありますが

しかし金融の基本的な理屈で言えば
国家や地域の経済成長率よりも
低い金利でないと
たとえ低い金利でも払いきれなくなる。

※確実に経済成長するなら多くの人が高い金利でも借金んする。そういう人が多ければ預金の金利をあげてでもお金を集めたいと思う。ただそうであっても経済成長率には負けてしまうだろう。

一方で株式は会社の所有権なので
経済成長がそのまま利益に連動しやすい

そして利益はそのまま
株価に反映されやすい。

ところが株式市場は
その所有権を自由に売買しているため
利益以外の様々な要素で価格が変動する。
そのため、経済成長率変動以上の
変動幅になってしまう。

これが「株が危険」と言われる
原因だと思う。

確かに定期預金で安全運転
という選択肢を否定はしない。
その安全性は他にはない
強みがあるからだ。

ただ勿体ないのは
株式もしっかりコントロールする
意識を高めて運用すれば良いのに

その事を知らない人が
まだまだたくさんおられるということだ。

せめてこの記事を読まれた方には
株式を所有することの利点に
興味を持っていただきたいと思っている。



テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

検索フォーム
プロフィール

ちゃむ

Author:ちゃむ
投資家・理学療法士
MBA:名古屋商科大学

【My Mission】
賢明かつ健全な心、身体、そしてマネーリテラシーを備えた人を増やすこと

理学療法士として
生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。

問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

ランキングに参加したしました。
よろしければご協力お願い申し上げます。



にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 初心者 これからの日本 生き方 家計 働き方 つみたてNISA 日本国債 資産形成 MBA 社会保障 損切り 金融リテラシー アメリカ株 リスク管理 長期投資 マーケティング ミスターマーケット 貯金 ファイナンス 原発事故 インデックス投資 国債 年金 お金 複利 損しない 人間関係 起業 教育 ギリシャ 転職 読書 世代間格差 労働 信用 哲学 TOB 四季報通読 子育て 安全域 痛み NISA 宝くじ バリュー消費 定期預金 日本 住宅ローン 医療  ファブレス生活 家族 バリュー投資家 掃除 自己観察 忘年会 飲酒 達人 イケダン レバレッジ 年末 高卒 ゴーカイジャー 医療費 理想の人物 専門家 ジェームス・スキナー 節約 離婚 シングルマザー 戦略 円高 差別化 医療法人 医療機関 光熱費 太陽光発電 リフォーム オール電化 マイホーム 一族経営 三代目 電子マネー プリペイドカード 備え 銘柄選択 防災 低所得 既得権 内在価値  幸せ 日本政府 仕事 楽しく 日本医療事務センター 誰かを幸せに 民主党政権 死生観 倫理 人生設計 論語 素読 スティーブ・ジョブス 売上高 DeNA リーダーシップ 幸福な生き方 決断力 優位性 大手家電メーカー 呼吸法 自分を知る エネルギー問題 プロ野球 収益力 工具メーカー 信用創造 天職 正しい 利己的 腰痛 恐怖  生産性 リストラ 新型うつ 問題解決力 資金管理 マネーボール 節税 思い遣り 起業資金 大企業 消費税   人体 精神 自己破産 退職 心に火をつける  復興税 福祉 公務員 社会貢献 書評 伊藤忠商事 会社四季報 イクメン コーチング 必勝法 就活 ガス会社 電力会社 野田スクリーン 日経平均株価 相場観 ジェイアイエヌ 小松ウォール工業 日経マネー ヨイトマケの唄 リスクモンスター 防災訓練 車椅子移乗 運用 派遣社員 老後の貯蓄 苦情 お墓参り 投資信託 サカイ引越センター 保険 理学療法 介助 接客対応 店員 郵便貯金 景気対策 JINS メガネ リスクマネジメント 打診買い 売らない 住友商事 買い物 「甘え」の構造 セール品 ドラッグストアー 積立 立地 小売 健康 ストレッチ  変形性膝関節症 男の子の教育 投資家で起業 精神疾患 日産化学工業 エスビー食品 ハウス食品 円高恩恵 カクテルパーティー理論 株主優待 ジャパニーズインベスター 過熱相場の対処法 週末起業 資産管理 過熱感 入門書 恩株 お彼岸 量的緩和 配当 思いやり 仕事と家庭の両立 天皇の肖像 スピリチュアル 善と悪 機会均等 新幹線のたび 感謝 育児 小児医療 自己愛 資産運用 リスク 許容度 マスコミ 東日本大震災 原則 寺岡製作所 株価上昇 投資ルール 丸誠 高砂熱学工業 サービス 第三者割当増資 自営業 内なる声 年金対策 心配性 経絡治療 鍼灸師 節電対策 副業 倒産 経済学 シャープ 企業年金 ゴール 目標 大瀧雅之 絵本 トヨタ 米ドル 遊園地 刈谷市 のりたいなでんしゃとくべつごう スマホ 原発関連銘柄 業績 ルリセンチコガネ フンコロガシ 高収入 離婚経験者 行動経済学 予想通りに不合理 雰囲気 日経ヴェリタス トーカロ 人口減少社会 株主総会 買い進む 日本銀行 池上彰 分類 

FC2カウンター
月別アーカイブ