株式投資で損しない方法 その4 勝負に乗らない

多くの人が株式投資に対して

損するかも
負けるかもしれない

と言うイメージが先行してしまう。

その理由として
株式投資に関して
よく言われているものに
「勝った負けた」
「何勝何敗」
と言うものがあるからだと思う。

確かに勝負の世界ではあるのだが

賢明で健全な株式投資
初心者や素人が行う上で
勝ち負けなんて言葉が必要なのだろうか?

損をしない株式投資や健全な株式投資を目指す方は

「勝ち負け」と言う考え方を
一度隅においてもらった方が良いと思う。

健全な株式投資とは
長距離のドライブだと
思ってもらった方が良い。

確かにスピードをあげて
追い越し車線を駆け抜けたいところだが、
事故の危険があり交通違反にもなりかねない。
また燃費も悪いし、ちょっと先行できたとしても
渋滞に入り込むかもしれない。

一方で速度を保って安全運転でドライブすれば
事故の確率は格段に落ちるし
交通違反にもならない。
また、燃費もよくなり
最終的にはゴールにはたどり着くことができる。

一夜、一相場で億万長者を目指す人ならともかく
健全な資産形成のための株式投資であれば

健全な会社を見つける。
高過ぎる株価で買わないようにする。

この二点だけ注意すれば
安全運転で目的地にたどり着くことができると思う。

周りのスピードに振り回されないように
淡々とペースを保つ。

それで十分だと思うのだ。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式投資で損しない方法 その3 売らない

前回は打診買いをすることで
いきなり全額投資をしないことで
損失を採用減にする方法であった。

しかし、普通の個人投資家が
有り余るほどお金があるわけではないので、
少しづつ買うにしても限りがあると思う。

良い会社だと思ったので、
株式を買ったけど株価は下がるし、
いったん売ってもいいけど・・・どうしよう。
絶対いい会社だと思うし。

と、思われるのであれば
株価のことなど気にしないで
売らなければよい。

そもそも株で損したとか言っても
買った時の値段よりも安くで売らない限り
損失は発生しない。

様々な客観的な基準を満たして
妥当もしくは割安な株価で購入できた株式は
むしろ売らない方が良いと思う。

安い株価を眺めるのは気持ちいいわけではないだろうけど、
投資に値する良い企業であれば、
配当金もしっかりと出してくれるだろうし、
日本の株式であれば株主優待なんてのもある。

もちろん、投資先の良し悪しや
株価が妥当なものかどうかといった判断には
それ相応の勉強と訓練が必要だ。

そしていくら勉強したからと言って
先のことは分からないことには変わりない。

したがって、結論としては
前回・前々回の「損切り」「打診買い」も組み合わせながら
質の良い投資先を選別して保有し続ける。

という手法が損失を抑えながら
利益を最大化する手法として有効ではないかと思う。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式投資で損しない方法 その2 打診買い

前回は
損失額を限定することで
損を最小限にとどめる方法
と言う話であったのだが

ただこの方法は
売ってしまったら
株主としての権利が無くなる
と言うデメリットがある。

では、他に手はあるのか?
と、言えば無いわけではない。

例えばある会社の株式を買いたくなったとする。

自分なりに調べたし
思いきって買おう!

と、なったときに
少し待ってほしい。

おそらく株式を買うために
いくら使うか?
と言う予算があると思うので、

最初の株式を買うときは
その予算の一部だけの範囲で
株式を買うことで

損失が出たときに軽減させやすくなる。

これを打診買い
と言われる方もいる。

これを行ってからしばらくは
株式市場や投資先企業の様子を観察するのだ。

そしてその状況に合わせて投資額を増やしていくのである。

調べるだけの段階より
実際に株主になった方が
調査にも俄然気合いが入る。

また投資資金にも余裕が残りやすいので
安心感が非常にある。

そして上手くいかなかったとしても
前回の「損切り」を合わせて使えば
更に損失額を限定できるのである。


テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式投資で損を減らす方法 その1 損切り

株式投資は初めてだけど
損しない方法はありますか?

と、思う人が多いだろう。

でも、残念ながら「ない」と思う。
仮に「ある」と言うやり方があれば、 
おそらくそれは「詐欺かも?」と
思われた方がいいだろう。

でもそこで諦めるのはまだ早い。

損はするかもしれないけれど、
損失を軽減させる方法ならある。

と、言うわけで当ブログでは、
その「損を減らす方法」を
何回かに分けてその方法をいくつか紹介したい。

1つ目は、
「損を先に決めておく」
と言うやり方がある。

やり方はいたってシンプルで、

株式を買う前に
「何円以下まで株価が下がったら売る」
と、決めておくのだ。

これは損失を出してしまうのだが、
損失を限定できるのが最大のメリットだ。

そしてここからが大事で
売った後にしっかりと反省会をする。

何がダメだったのか?
何か勉強になったか?
をしっかりと考察して。

次の投資の機会に備えるのだ。

しかも減ったとはいえ、
株式を売ったお金が
そのまま次の投資資金に使えるのだ。

こうした手法を「損切り」と言う。

これは成功した投資家や投機家の多くが
お薦めする手法なので効果は高いと思われる。

損を出すのは嫌な気分かも知れないが
売ってしまったら意外とスッキリするだろうと思う。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

初心者でも分かりやすい「株式投資を始めるタイミング」

株式投資を始める時に、
「いつ、どのタイミングで買えば良いですか?」
と言う疑問や迷いが出ると思う。

理論的な話からすれば、
経済成長に合わせて企業も成長できるので、
どんな株価で買ってもいずれはそれを上回る。
と言う考え方もある。

また、真の成長企業であれば、
いずれはそれを上回る企業価値=株価を形成できる。
とも考えられる。

でも人間誰しも
より良いものをより安く
買いたいものだ。

ならば、株式でもできるだけ
買うに良い時期、タイミング
を考えても良いはず。

しかも
株式投資は初めて
と、言う人達にも何か良い目安は無いだろうか?

に、ついて紹介したい。

1.初心者株式投資に興味を持ち出した時期は良くないことが多い。

これは普段は株式投資のことなど考えたこともない人が
興味を持つということは、
「株式市場が好調」
であることが多いと思う。
つまりは株価が比較的高くなっている可能性が高いことを表しているからだ。

2.株価暴落・不況がキーワード

1.の裏をかえせば、
こういった言葉が紙面や市場を席巻しているときは
良いタイミングである可能性が高い。

最近ではリーマンショックや民主党政権での円高政策の頃に
コツコツと株式を買い集められた人達が
高い成果をあげていると思うからだ。

タイミングと言う話で言えばこの2つだけ
理解してもらえれば良いと思う。

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

検索フォーム
プロフィール

Author:ちゃむ
投資家・徒手療法家
MBA:名古屋商科大学

生きることに少しつまづいた皆様の
心身のバランスを整えることを実践しております

一方で、投資に関しては
バリュー投資の概念を軸に
バランスの良い資産配分やキャッシュフローを実践できている企業が、低い評価を受けているときに投資を行っております。

1974年生まれの男性

★大事にしていること
 ①先祖供養
 ②家族
 ③健康
 ④自己修養

★尊敬する人物
ベンジャミン・グレアム
中江藤樹

★コメントについて
基本的に大歓迎です。

心身のメンテナンスに関するお問い合わせもお受けいたします。
反論・ご指摘もお受けいたします。

ただし問題があると当方が判断したコメントは削除させていただくことがあります。

★リンク・トラックバックについて
リンク・トラックバックともに大歓迎です。
相互リンクも検討させていただきます。

★メールアドレス
chamkenta@yahoo.co.jp
(@は半角に変えてください)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ちゃむのキーワード

バリュー投資 株式投資 生き方 これからの日本 初心者 家計 社会保障 働き方 損切り 日本国債 年金 リスク管理 損しない 原発事故 子育て 安全域 医療 定期預金 哲学 転職 信用 ミスターマーケット 貯金 教育 ファイナンス 労働 住宅ローン 読書 お金 四季報通読 複利 世代間格差 日本 金融リテラシー 国債 人間関係 資産形成 TOB ギリシャ 信用創造 三代目 内在価値 一族経営 MBA マイホーム オール電化 自分を知る リフォーム 掃除 自己観察 家族 収益力 プロ野球 レバレッジ 達人 工具メーカー イケダン エネルギー問題 ファブレス生活 電子マネー 年末  呼吸法 理想の人物 ゴーカイジャー 優位性 決断力 リーダーシップ 医療費 離婚 医療法人 医療機関 大手家電メーカー シングルマザー 専門家 節約 低所得 防災 高卒 忘年会 既得権 備え 銘柄選択 ジェームス・スキナー 幸福な生き方 光熱費 太陽光発電 プリペイドカード 書評 心に火をつける 社会貢献 退職   公務員 幸せ 楽しく  仕事 福祉 人体 精神 論語 素読 スティーブ・ジョブス 死生観 倫理 人生設計 日本政府 自己破産 正しい 天職 復興税 消費税 日本医療事務センター 節税 思い遣り 誰かを幸せに 起業資金 売上高 DeNA バリュー投資家 民主党政権 マネーボール 資金管理 宝くじ 問題解決力  リストラ 生産性 大企業  差別化 新型うつ 腰痛 利己的 恐怖 飲酒 高砂熱学工業 防災訓練 ガス会社 車椅子移乗 介助 接客対応 理学療法 電力会社 就活 野田スクリーン 日経平均株価 コーチング イクメン 必勝法 会社四季報 店員 景気対策 お彼岸 お墓参り 量的緩和 米ドル 遊園地 トヨタ 投資信託 苦情 保険 郵便貯金 サカイ引越センター 派遣社員 老後の貯蓄 運用 ヨイトマケの唄 リスクモンスター 投資家で起業 男の子の教育 週末起業 過熱相場の対処法 過熱感 資産管理 「甘え」の構造 セール品 打診買い 売らない マーケティング リスクマネジメント 買い物 住友商事 恩株 入門書 JINS メガネ ジェイアイエヌ 相場観 日経マネー 小松ウォール工業 円高恩恵 カクテルパーティー理論 株主優待 ジャパニーズインベスター 日産化学工業 精神疾患 ハウス食品 エスビー食品 刈谷市 スマホ スピリチュアル 天皇の肖像 機会均等 善と悪 東日本大震災 マスコミ 配当 思いやり 許容度 資産運用 リスク 感謝 仕事と家庭の両立 新幹線のたび 内なる声 自営業 投資ルール 株価上昇 長期投資 丸誠 円高 分類 原則 寺岡製作所 心配性 年金対策 鍼灸師 経絡治療 伊藤忠商事 第三者割当増資 自己愛 育児 原発関連銘柄 ゴール 業績 人口減少社会 株主総会 トーカロ 目標 企業年金 絵本 のりたいなでんしゃとくべつごう 大瀧雅之 経済学 シャープ 倒産 バリュー消費 買い進む 予想通りに不合理 離婚経験者 行動経済学 副業 小児医療 節電対策 高収入 ルリセンチコガネ 日本銀行 池上彰 日経ヴェリタス 雰囲気 フンコロガシ 戦略 

FC2カウンター
月別アーカイブ